1 :名無しさん@涙目です。 2017/11/13(月) 19:22:33.39 lhil+6ve0●.net BE:264168779-2BP(2000)

「ヌードルハラスメント」 外国人からの視点
オピニオン


日本のインスタントラーメン加工会社の日清食品は10月23日、麺をすする音で外国人などに不快感を与える可能性がある「ヌードルハラスメント」問題の対策として、フォーク「音彦」を発売した。しかし、音を立てて麺をすする日本独自のマナーは、
本当に外国人を迫害しているのだろうか。「スプートニク」で調査を行なった。

「音彦」フォークの発売は、「ヌードルハラスメント(略語「ヌーハラ」)」なる現象を考え出した「戦争法廃止国民連合政府応援隊」というツィッターアカウント(現在は削除)が「今まで製麺業界の圧力で隠匿されてきたヌーハラを暴く」と書き込み、
ネット上で議論を巻き起こしてからちょうど1年後のこと。

「ヌードルハラスメント」は、日本人が音を立てて麺をすすることで、外国人観光客に不快感を与えたり、熱いものが食べられない猫舌の人からは妬みを受ける可能性があることから問題視されるという。ラーメンの材料には豚肉が使われているため、
豚肉を食さないイスラム教徒の権利も侵害しているとの見方もある。また音を立てて麺をすすることができない外国人の子供が学校でいじめられるといった問題もあるようだ。

これらの問題を解決するために日清食品が新製品「音彦」を1万4800円で売り出した。見た目は電

以下ソース
https://jp.sputniknews.com/opinion/201711134270761/
2 :名無しさん@涙目です。 2017/11/13(月) 19:23:09.19 0Az2OELk0.net
アホらしい