1 :名無しさん@涙目です。 NG NG BE:416336462-PLT(12000).net

オンラインゲームへの熱中は「完全」な薬物・アルコール依存症と同様のものではない。「ゲーマー」にとって、ゲームは社会的ないし心理的不快感を鈍くさせるために必要なのだ。
研究者の観察によると、オンラインゲームをプレーする時、人々は本当の問題からバーチャル世界へと「逃げよう」としている。論文は科学誌『PeerJ』に掲載された。
英カーディフ大学のネッタ・ワインスタイン博士は「ゲームは心理的依存症の新しい形ではない。従って、ヒトが自らの人生に満足していなければ、ゲームは魅力的になるし、逆もまた然り」と述べた。
ワインスタイン氏らは、「ゲーム中毒」はアルコール依存症や薬物依存症と類似しているかを研究した。
チームは20〜40歳の参加者6000人を集めた。そのうち半分は友人や家族から「インターネットゲーム中毒」の犠牲者と考えられていた人々で、もう半数はゲームで遊んだことがない人々だ。
ワインスタイン氏が指摘するところ、双方の間に生活スタイルや行動に大きな差は確認されなかった。
唯一の差は、自身を幸せと感じている度合いだった。ゲームが好きな人々が述べるところ、ネットに「ハマり」始めたのは、そのプロセスが好きだからではなく、職場や私生活での深刻な問題から気をそらすためだった。
「ゲーマー」のわずか1%のみが、ゲームが生活に深刻な問題を引き起こしたと回答した。
従って、「ゲーム中毒」対策に必要なのはリハビリ施設に送り混むことではなく、その人物を幸せにすることだと論文は結論付ける。

https://jp.sputniknews.com/science/201710304231681/
2 :名無しさん@涙目です。 2017/10/30(月) 13:53:49.96 XwSTEF1g0.net
おまえらバーチャルだったのか
3 :名無しさん@涙目です。 2017/10/30(月) 13:54:43.85 KAnavge30.net
人生に全く魅力がないけどゲームもつまらなくなってきた
13 :名無しさん@涙目です。 2017/10/30(月) 13:58:22.51 WPcW09PV0.net
「もう1ターンだけ……」